外壁塗装で気分は新築

外壁塗装のお役立ち情報がいっぱい!

外壁塗装のリフォームで使われる塗料の種類

外壁塗装のリフォームで使われる塗料の種類 外壁塗装のリフォームをするとはいっても、実際に見積もりをしてみると、会社によって工事代金の金額が大幅に違っていることがあります。
これは高圧洗浄や足場を組むなどの直接的な作業にかかるコストのほかにも、壁面に塗る塗料の種類の違いが影響している場合も多いといえます。
もっとも安価に済ませたい場合にはアクリルが適当で、これはホームセンターなどでも日曜大工用に市販されているものが数多くあるためおなじみのものです。
色彩のバリエーションが豊富で取り扱いがしやすいといったメリットがありますが、価格が安い分だけ紫外線には弱く、耐用年数の面では課題が残ります。
ウレタンは撥水性にすぐれ耐用年数もアクリルより長いため、コストパフォーマンスの面では人気があります。
シリコンは特に耐久性にすぐれ汚れなどもつきにくいので後々のメンテナンスが楽になるという特徴がありますが、他の種類と比較すれば単価は若干高めになります。
そのほかにも断熱性のあるもの、光触媒で汚れを分解してしまうものなど、従来にはない特別な機能をもつものがいくつか存在しています。
これらは専門的ですので外壁塗装の請負会社のスタッフとも事前によく相談をすべきですが、最終的にはコストと性能の兼ね合いを見て決めるのがよいでしょう。

外壁塗装やリフォームにはいろいろな方法があります

aaaaa 外壁塗装には風雨や雪、紫外線や熱などから住宅を保護する重要な役割があります。
住宅の寿命を延ばすため、定期的にリフォームは不可欠です。
外壁をリフォームする場合、足場の組立から始まり、屋根や外壁、雨樋の塗装などのさまざまな作業を行うことになります。
いろいろな業者がありますが、屋根と一緒に外壁塗装を行うことができるパックなどを利用すると、コストを抑えて利用することが可能です。
リフォームにもいろいろな方法があり、フッ素樹脂塗装や遮熱塗装などがありますが、最適な方法で施工することができます。
外壁塗装にはいくつか方法があり、例えばシリコン塗装はコストパフォーマンスが高く、耐用年数が10〜13年で汚れや色落ちなどに強い特徴があります。
防カビ性や防藻性に優れていて、内部結露を防ぐことが可能です。
室内湿気を水蒸気に変えて外部に逃がすことができたり、風雨や紫外線にも耐候性を持っているセラミック成分が配合されています。
高耐候性に加えて低汚染性や防カビ効果もあり、外壁を守ることが可能です。
フッ素樹脂塗装は航空機に採用されていて、耐久性に優れたフッ素が利用されています。
外壁に付着する汚れを雨で洗い流せるよう、うまくコーティングされていて外観の美しさを維持することができるでしょう。

外壁塗装には耐用年数というのも存在する事実がある

外壁塗装と言うと塗りっぱなしにしておいてもよいのではないかと考える方がかなり多いですが、実際にはそんなこともありません。
例えば塗り替えた場合にはその日から劣化が始まっていくという特徴を持っています。
外壁塗装の耐用年数はおおよそ10年ほどです。
雨ざらしになっている物件の場合にはこれよりも短くなることがありますので、出来る限り診断を受けてから更新工事が必要なのかどうかを業者に判断してもらう作業が必要となってきます。
どんなに優れた耐候性塗料でも、紫外線や雨などの影響を受けることで劣化が進んでいくことは否めないのです。
ですから外壁塗装工事をした場合には、前回からどれくらいの期間が経過しているのか耐用年数を考えた上で業者に発注しましょう。
マンションでは管理組合がやってくれますが、戸建てのケースでは自分で管理しなければなりませんので、前回の工事からかなりの期間が経過しているのならばすぐに依頼することにするのが大切です。

外壁塗装のさいは塗料の耐用年数の確認も必要

外壁塗装は、建物を長く安全に使うために欠くことのできないメンテナンスですが、使用する塗料によって耐用年数が違ってくるので、確認が必要です。
同じ系統のものでも、メーカーごとに示している年数が違うことがありますし、建物の状況や気象条件などによっても変わることがあり、示された年数より短い期間で塗り替えなければならないケースもあります。
主に使われている塗料はおおむね9種類の系統にわけることができます。
価格の安いアクリル系のものは、耐用年数が4年から7年ともっとも短いですが、近年あまり使われなくなってきています。
もっとも長い無機系では、15年から20年の保証がされているので3倍から4倍の差があることになります。
また、それぞれに塗り替えなければならない時期以外に、見た目の美しさ、防水性、エコ性能などさまざまな特徴があるので、外壁塗装をおこなうさいには、予算を考慮したうえで多角的に検討することが求められます。

外壁塗装は3~4回の重ね塗りをするなどの特徴がある

外壁塗装は外壁をペンキで塗ることを意味していますが、一般的にペンキを塗るときには1回もしくは2回が普通です。
金属などにペンキを塗る場合は、最初にさび止めを塗ってそれが乾いた段階でペンキを塗り仕上げてます。
しかし、外壁塗装においては3~4回の重ね塗りを行うなどの特徴があります。
3回にするのか4回にするのか、これは塗装を依頼する側が決めることできるのですが、重ね塗りをする理由は塗料の膜を外壁に作り、自然の猛威から壁そのものを守る重要な目的があるためです。
塗膜を外壁に作り出せば、雨が降ったときに染み込むリスクがゼロに近づきますし、厚い膜で覆われているので太陽熱が伝わりにくくなったり紫外線で外壁そのものに影響を与えないなどの効果を期待することができます。
また、外壁塗装で利用する塗料には、一般塗料としてアクリル・ウレタン・シリコン・フッ素樹脂があり、機能性塗料には光触媒・遮熱および断熱などの塗料があるのが特徴です。

外壁塗装で部分補修したほうがいい場合はある

外壁塗装を部分的に補修することは可能なのか、気になる人は少なくありません。
3年ほど前に塗り替えたばかりなのに台風のせいで一部直したほうがいい箇所が出てきてしまったなど、事情によって一部だけ直したいと考える事は多いです。
例えばひび割れの補修工事は、最もよく行われる工事といわれています。
ひび割れた場所ごとに様々な補修方法を必要としている為、早目に確認をしてどこを直したらいいのかチェックすることが必要です。
特に天災などの後で確認する事は大切といえます。早目に直しておくことで、家全体にかかる負担を低減できるだけでなく、大掛かりな家の補修をしなくて済むからです。
また、コーキング剤などがはがれてしまった時も、早目に補修したほうがいいでしょう。
コーキング剤は7年ほどで劣化する場合が多いため、定期的に補修したほうがいい場所の一つです。
外壁塗装業者に定期的に見てもらい、直しておくことでひび割れた部分から雨風が家の中に入ることを防ぎ、家自体をカビや虫から守ることができます。

外壁塗装は住宅のリフォームの中でも優先すべき場所です

戸建て住宅に住んでいる方は、新築の頃には何ら問題がなく快適生活を送っている方も大勢います。
ところが6年以上などある程度の年数が経過すると、外壁塗装のリフォームが必要になることは一般住宅では必ず起きてしまうものです。
外壁に使われている素材により異なる部分がありますが、外壁塗装の場合は1色で全体を塗る方法や、1階と2階との境で色分けをする方法も人気です。
外壁塗装にこだわる理由はあり、劣化したままで放置しておくと壁の中に雨水が入り込んでしまうデメリットや、汚れが目立つような外壁の場合は廃れたイメージが出てしまうので、景観的な部分でもリフォームすることは良い選択肢になります。
実際に施工する際にはインターネットを利用する方法があり、無料で使える一括査定サイトがあるので試してみる価値は十分にあります。
この手のサイトでは全国各地で営業をしている優良店のみがエントリーされていることが前提にあるので、料金を低く抑えたい方にとっては利便性を感じられる会社選びの方法です。

外壁塗装について詳しく知りたい

外壁塗装

新着情報

◎2022/4/14

情報を追加しました

> 外壁塗装には耐用年数というのも存在する事実がある
> 外壁塗装のさいは塗料の耐用年数の確認も必要
> 外壁塗装は3~4回の重ね塗りをするなどの特徴がある
> 外壁塗装で部分補修したほうがいい場合はある
> 外壁塗装は住宅のリフォームの中でも優先すべき場所です

◎2022/1/31

サイト公開しました

Copyright (C) 2022 外壁塗装で気分は新築. All Rights Reserved.